社員研修を行うことになったがなにを伝えればいいのかわからない、という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は社員研修に取り入れるといい内容やどのような形態で進めていけばいいのかということをご紹介します。

社員研修を行う目的

社員研修を行なっていく際には伝えるべき目的をはっきりとさせることで、相手に有意義な研修だったと思わせることができます。その目的とは一体どんなものなのか、これからご紹介していくので参考にしてみてくださいね。

ビジネスマナーの習得

新入社員に対して教育を実行する事は会社組織にとり、相応しい人材を成育させる為に重要なことです。ベーシックな事を社員研修により習得する事で、会社組織の顔という形で電話を受けたり受け付け窓口対応をする…

Learn Now

社会人としての自覚を持たせる

社員研修を行う目的の一つとして、社会人としての自覚を持ってもらうことは重要です。この自覚がなければ社会人として振る舞えないですし、周りの人にも迷惑をかけることになるでしょう。服装や言葉遣いのような…

Learn Now

会社の理念を理解させる

社員研修の目的を周知させる

社員研修は、就業時間に行います。本来なら働く時間に研修をするということはそれほど大切という意味でもあります。特に、新入社員にとって会社の理念を知ることは大切です。つまり、会社で働くことはサラリーをもらうと同時に会社の理念にあるように広く社会にも貢献するということにもなります。社員研修では、通常の勤務ではなかなか深いところまで説明したり、あるいは考えたりできない会社の理念を理解し、自分の仕事に誇りを持って毎日がんばるように意識づけることが大切です。そのために、特に社員研修の目的を会社内の参加者全員に周知徹底し、自分の仕事に誇りを持って日々の仕事に邁進していく社員を育てる機会にしていかなくてはいけません。

会社の理念こそ社会への貢献です

どの会社にもきちんとした理念があります。それが空回りせず社員一人一人の心の中に浸透していった時には、会社は一つの大きな組織として動き、その理念に向かって邁進していきます。ただし、若い人の理解の仕方とベテラン社員の理解の仕方は違って当然です。会社に長くいるだけいろいろな経験もして、また上司となって部下を指導する立場となると理念もまた違う角度から見えてくるものです。そして、一番大切なことは会社の仕事を通して社会に貢献するということです。一人の仕事は小さなものですが、その一人がたくさんになって大きな仕事になり、そして社会を良い意味で変革し動かします。常に前向きに仕事に取り組む姿勢はどの会社でも共通した仕事の理念です。

社員研修の形態

一口に社員研修といっても、全て同じ形態で伝えるのではなく伝える内容によって違う形態で伝えることでより内容を濃く印象付けることができます。そこでどのような時にどんな形態で行うといいのかということをご紹介していきます。

一般的な形態の座学

社員研修で行う座学は、その人の能力や経験に関係なく、全員が同じ内容の勉強を行うことになります。全員が同じ内容の勉強を行うことに対して、それほど意味がないと考える人もいるかもしれませんが、日常業務を…

Learn Now

チームで行うグループワーク

企業では新人を採用したときに社員研修でグループワークを行う場合があります。これは1グループ5人位で構成されているもので、特定の課題にチームで挑戦するといった内容です。その結果を発表して社員育成に役…

Learn Now

シミュレーション型のロールプレイ

社員研修の多くは、知識の詰め込みでありまして、効果が現れない場合もよくあります。その主な原因は、知識と体、心が直結している記憶では無く、体と心が反応を引き起こされない場合もあるためです。その様な中…

Learn Now

社員研修のプロフェッショナル

社員研修とは、新入社員、現任社員、幹部社員など、それぞれの必要に応じたマナーやスキルなどの教育を行うことです。