シミュレーション型のロールプレイ

頭だけで考えるのでは無く、心と体で学ぶ研修!


社員研修の多くは、知識の詰め込みでありまして、効果が現れない場合もよくあります。その主な原因は、知識と体、心が直結している記憶では無く、体と心が反応を引き起こされない場合もあるためです。 その様な中で注目されていてるのが、シュミレーション型のロールプレイによる社員研修です。客観的に知識を学ぶのでは無く、主観的当事者となって学ぶ研修であるため、研修内容をより実感できる効果が隠されているのです。 これは、テレビゲームなどの効果と同じです。テレビゲームの多くは主観的になって楽しむ内容です。記憶力も高く、積極性も高く、ゲーム内に関する学習意欲も高まっている人もほとんどでしょう。ゲームよりも効果が高い可能性もありまして、実際に五感を通して行う内容は心と身体も鍛えてくれる可能性があります。

image

会社内での仲間意識を高める効果


従来と比べると、縦の繋がりよりも横の繋がりが強い中で育った若者が増えています。そのため、年上の人との接し方に悩みを抱え、馴染めない中で会社を辞めてしまう若者も増えているのです。大切な若い人材を失うのは、企業にとって大きな痛手です。 この様な状況に力を発揮してくれるのも、シュミレーション型のロールプレイによる研修です。様々な人が、様々な役割を演じながら話し合う事で、その当事者の気持もよく分かる様になりなるためです。目的に向かって一緒に行う取り組みは、お互い足りない要素を補い合う様にもなりまして、お互いの信頼関係を高めるきっかけともなるでしょう。 シュミレーション型のロールプレイによる研修は、社員内だけの話しではありません。社会におけるニーズを把握しやすい社員育成にも効果が期待できます。