チームで行うグループワーク

グループワークのメリットはチーム力にある


企業では新人を採用したときに社員研修でグループワークを行う場合があります。これは1グループ5人位で構成されているもので、特定の課題にチームで挑戦するといった内容です。その結果を発表して社員育成に役立てます。グループワークで社員研修を行うメリットは多いので知っておくといいでしょう。
個人で行うよりもグループで行うとチーム力が身につくため、会社のような大人数で作業する現場には適しています。人により得意な部分や不得意な部分がある、リーダーシップを発揮する方もいるので個人で作業するよりも質の高い作業ができるのがメリットです。
またチーム全体の役割を把握して理解できるため即戦力の人材を育てるためにも活躍してくれるでしょう。

image

利用するうえでポイントを知っておこう


グループワークをこれから行いたいときには、いくつかのポイントがあるので理解しておくといいでしょう、たとえば明確な目的を持ち研修をするのがポイントです。方向性が決まれば、それに応じた問題を解決しやすい能力が身につけられます。またスキルも同時に身につくため即戦力の人材を育成しやすいと言えるでしょう。 他にもグループの作り方に配慮が必要といえます。全員が受け入れられている認識を持っているとチーム内で発言しやすい環境が整うので作業も行いやすいです。チーム内で役割分担するのも大事となっています。進行役や特定の作業役を割り当てるとスムーズにグループワークができるでしょう。 上手く利用して社員研修に役立てるといいです。